恋愛をしていないと、もうダメ!

男性がそばにいてくれないと、不安でしょうがない。

 

恋愛依存症と言う種類の病気は本当にあるのです。

 

これって、他の女性には見られないから私ってやっぱり異常なのかしら?

と思ったことありませんか?

恋愛依存症の種類はほかにもあります。

 

苦しい恋愛依存の病気から克服する方法はいくつかありますので、安心してください。

恋愛の病気の種類はどんなものがあるの?

スポンサーリンク

恋愛の病気と言えば、単純な恋愛依存症しかないと思ってませんか?

恋愛依存症の中でもいくつかに分かれます。

 

いつの時でも恋愛対象の男性がいないと、落ち着かない。

仕事が終わった後も、お休みの時も男性とずっと一緒にいないと病気になってしまうくらい狂いそう!

それこそが恋愛依存症です。

 

実は恋愛依存症の中にもこちらの種類に分かれます。

 

共依存タイプの恋愛依存症

こちらは恋愛だけに限らず、共依存と言う病気の種類があります。

人を助けているつもりで、実は自分が安心するというタイプです。

 

彼のことを思って、なんでもやってあげるということは、実は自分のため。

やってあげること、愛していると思いこんでいつも考え、自分に酔っているんです。

 

そして、自分はそれにより愛してあげているんだから、あなたも私を愛せるはず。

介護などにもありますが、やってあげることで自分は満足する依存。

自分では、依存しているということはわからないのです。

 

回避依存タイプと言うのもあります。

共依存とは違い、避けて通りたいほど恋愛に恐怖を感じてしまうこと。

 

男性や、繊細な人に多いタイプが回避依存タイプです。

恋愛依存症と言う恋愛の病気になるとどんな症状が現れる?

スポンサーリンク

恋愛依存症と言う恋の病になると、私の友人にもいましたがせっかく以前から計画して会う約束をしていたのにも関わらず、彼からの急なお誘いのほうを優先させてしまう。

 

焼きもちにも限度を超えてしまうのは、自分がもはや恋愛よりも大切なものはないと感じている証拠です。

 

  • さっき別れたばかりなのに、この後他の女性と連絡を取ったりしないかな。
  • 他に私以外の女性に感心が無いだろうか?
  • ちょっとでも連絡が遅いと、別れがやってくるんじゃないかと不安になってしまう。
  • もしも、別れようと言われたら私はこの先どうやって生きていったら良いのだろう。

 

ずっと、好きでいて欲しいから尽くして離さないように、ストーカーのごとくエスカレートしてしまう。

 

こうなったら、彼以外のことは何も考えられなくなります。

れっきとした精神的な病気です。

恋愛依存になる病気の異常な原因とは?

スポンサーリンク

なんでここまで恋愛依存症になったのか?

それには理由があるんです。

やっとつかんだ愛する彼氏。

 

●この恋愛から逃れてしまったら、もう私は二度と恋愛対象になる男性には巡り合うことはないカモ知れないと思いこむ。

 

●今までの生活環境で、愛情に飢えていた場合、この彼氏なら私のことを守ってくれるはず。だから絶対にこの恋愛は成就させたい。

 

依存タイプの場合は、相手の嫌な部分が見えても尽くすことで自分のバランスを取ることが出来る。

 

どちらにしても普通の恋愛と違い異常なほど相手のことを気になり、毎日どんなことをしているのかを知りたがります。

 

この状態をずっと引きずっていたら、精神的に不安定が続きます。

恋愛依存症の病気を克服する方法とは?

記事に書いたなようがもしも当てはまるようでしたら、恋愛依存症と言う病気になってしまっている可能性があります。

 

自分の努力で治すか、心療内科でカウンセリングを受けて何かしらの不安定な気持ちを楽にする薬を処方してもらうか、治すことが必要です。

 

実際に恋愛している時は、楽しくても病気をしているのと同じで不安定なのです。

そして、さらに上を行くと恋愛依存症になってしまう恐れは人によってはあります。

 

  • まずは誰かに聞いてもらうことで心を楽にする。
  • 女友達とたくさん出かけることを優先してみる
  • 趣味を見つけ、恋愛よりもはまることを見つけてみる。
  • ネットで、気になるセミナーがあったら行って見ていままで知らなかった世界を覗いてみるなど等やってみる。

人は幸せになるために生まれてきたのです。

恋愛で不幸になっては、自分が可愛そうです。

3000円分の無料電話占いをうまく使って、どうか自分の心を楽にしてあげてくださいね!

恋愛の病気は人に背中を押してもらって克服しましょう↓↓↓

とにかく恋愛とは関係のない何かをやってみるという行動を起こさないと、男性なしでは生きていくのに不安な心が付きまとってしまいます。