婚活するときって、プロフィールが必要になります。

結婚相談所も、SNSなどの婚活サイトもプロフィールを書きこむ欄があるのですよ。

プロフィールを適当に書いたらそれなりの出会いになってしまいます。

婚活や恋愛の準備で最初に必要な大切なことがプロフィールです。

プロフィールはこんなにも大事と言う事について触れて行きますね。

今までどこかにプロフィール書いた経験のある方は、どんなことを書いて良いかわからないと思ったことが事があるはず。

始めからすらすらとプロフィールをかける人って、実はそんなにいないのですよ!

恋愛も婚活も好かれる文章と嫌われる文章のプロフィールの書き方があります。

スポンサーリンク

嫌われるプロフィールの内容

色々な人のプロフィールを見ていますが、女性も男性もこりゃダメだと思うものがけっこうありますね。

どんなのがいけないと言うと?

  • 書き方が幼い。
  • 内容が薄っぺらい。
  • こんなことをプロフィールに書いたら相手はひいてしまう等など。

良く見かけるのが、こちら。

「年齢より若く見られるとよく言われます」

これは相手がひいてしまう言葉のひとつですね。

若く見られるって、それは自慢にもならないし。

若いことが最大の魅力ではないんですよ。

「若く見られていると書けば良い」は間違い。

もちろん、年齢よりは若々しい方が良いかもしれません。

でも、自分のプロフィールに自分自身が若く見られていることを強調して書いたらNG。

結婚相談所のプロフィール欄にも「年齢よりも若く見られます」と書いてあるのを見かけます。

結婚相談所の仲人さんが書くならわかるけど、自分で書いたらアホです。

仲人さんもこれは消してくださいねと言うか、こちらで訂正しておきますと言わなきゃいけないと思うのですが。

男性も女性も同じことなのですが、どちらかと言うと男性の方が若く見られると言う事をプロフィールに書いていますね。

プロフィール欄にそう書いてある人は、すぐに書き直しましょう!

スポンサーリンク

好かれるプロフィールの書き方

読んでいて好感が持てるプロフィールの書き方ってあります。

  1. 自慢しない。
  2. ネガティブ要素を書かない。
  3. 謙遜もほどほどに。
  4. プロフィールを読んで明るい人だと思われるイメージにする。
  5. 会ってみたいと思わせる文章にする。

男性だったら、頼りになれそう。

ココでは自慢をたらたらと書かないで、楽しい毎日を過ごしていることがわかるように書く。

会社の同僚から頼りにされていますとは書かない。

趣味も内容によっては書いて良いものと、書いてはまずいものがあります。

なるべく趣味のことは書いた方が良いですね。

特に何もなければ、映画やDVD鑑賞でもOKです。

読書は良いけど、漫画は描かない方が良いです。

漫画を読む趣味が同じの相手を見つかったらそれはラッキーですが、少数派ですから。

何もなければ映画鑑賞、音楽鑑賞は無難です。

男女ともに、趣味はショッピングですとは絶対に書かないこと。

浪費家に見られてしまいますよ。

何かを収集していると言う事も微妙です。

そして、女性だったら家庭的な雰囲気が文章に表れている等が良いですね。

例えば「お菓子作りや料理が得意です」とは書かずに、お休みの時には時々お菓子作りや料理を作っていますと言う書き方の方が良いですね。

男性も女性も自慢話を書かないことが相手から印象を良くするコツです。

結婚相談所の場合は、会員様が書いたものを添削してくれる仲人さんもいますが、

会員様が書いたものそのまま使っている場合も少なくありません。

私はブログを書くライターもしているので、好かれるプロフィールを書くコツもわかります。

恋愛カウンセリングではプロフィールの添削もしていますよ。

スポンサーリンク