ラ・ラ・ランドの映画のシーンに合わせたフルオーケストラの公演が延期になった!

とヤフーニュースで取り上げられています。

 

上映の中で使われた音楽が単独に演奏されることって滅多にありません。

それだけ映画の内容と音楽が話題性があったとも言えていますね。

 

ラ・ラ・ランドは今カノ今カレと一緒に見に行くのはやめておいたほうが良いと情報がたくさんありますね。

もしもあの時の恋愛がそのまま継続していたら?

 

自分は違う人との家庭生活を持って幸せになっていたかもしれない・・・

 

スポンサーリンク

 

恋愛はちょっとしたことで壊れる

 

恋愛ってフェードアウトしてそのまま自然消滅もあれば、喧嘩をして別れてしまうこともあります。

喧嘩はしたけど、嫌いになったわけではないということもよくありそうです。

 

お互いが維持の張り合い。

そこには自分のことを思ってくれているのなら、きっと相手の方が謝ってくるはずと言う思いもあります。

 

謝ってくれないのなら、こっちだって謝らない!

些細な事が原因でも、相手の出方次第では永遠の別れになります。

 

 

どちらかが折りていたら、恋愛は続いていたのかもしれないと。

喧嘩別れをしたまま何年も音沙汰なしでいると、昔そんな恋愛をしていたと言う思い出に変わってきます。

 

恋人と喧嘩をした辛い時間を乗り越えていくと、やがて忘れるときが来ます。

恋愛の終わりの悲しみは時間が忘れさせてくれる、というのは本当ですよね。

 

ラ・ラ・ランドはなぜ今カノ今カレと見ない方が良いのか?

 

ラ・ラ・ランドは今の恋人と見に行かないほうが良いと言う情報があります。

前の恋人と恋愛していた当初を思い出すがごとく、昔の回想シーンがあります。

 

もしあの時、そのまま付き合い続けていたら?

 

今が幸せだから思い出として残して置くだけ!

と言う選択が正しいですね。

 

今カレ今カノとラ・ラ・ランドを観たら前の恋人とのシーンを思い出すから!

観るなら恋人以外の人と観るべしと思っている人が多いのです。

 

喧嘩したけど、嫌いになって別れたわけじゃない!

そんな別れ方をした場合、前の恋人とのことを思い出してしまう・・・。

 

思う出すだけなら良いですが・・・。

 

 

前の恋人と復活する男性

 

実際にこんなことがあります。

今カノがいるのに、偶然会った昔の彼女との復活。

 

やはり前の彼女のことが忘れられない。

前の彼女も昔のような関係に戻りたいと思っている場合は、優柔不断な男性だったら前の彼女との関係を復活しますね。

 

もしくは、今カノも昔の彼女も同時に付き合っちゃう!

映画ラ・ラ・ランドの場合は女性は別の男性と結婚し、子供も生まれ幸せな結婚生活をしています。

 

もちろん、今の夫は妻が昔大恋愛をしたことなんて知りませんし、妻も言いません。

今の状態を維持するためには、昔の恋愛話しを持ち出さないことです。

 

◆今の夫や子供との生活を捨ててまで昔の恋人の元へ行くというのは情熱的ですが、やがて悲惨な結末になる可能性が大きいですね。

 

大人になれば昔の恋愛の1つや2つ経験してます。

昔の恋愛は美化しまいがちです。

 

未来に向けて今の恋人との生活を優先したほうが幸せになる確立が高そうです。

 

後悔しない恋愛

スポンサーリンク

 

ラ・ラ・ランドではもしも二人が別れなかったら、こんな家庭生活を送っていたはずと言う回想シーンがあります。

後悔しているというよりも、あのまま喧嘩別れしていなかったらどうなっていたか?

 

そんな回想シーンでした。

喧嘩して意地の張り合いが別れる原因になったというのは切ないですね。

 

今の生活が楽しければ良いのかもしれませんが、そうじゃない場合は出来るなら昔に戻りたいと思う人もいます。

別れて後悔している人もたくさんいるようです。

 

それが結婚となったらもっと悲惨ですね。

あぁ、この人じゃなくて昔の恋人と結婚していたら私は幸せなはずだったのに・・・

 

そんな思いが妻の気持ちを増長させて離婚になるケースもあるのです。

離婚したらしたでやっぱり離婚しなきゃよかった!

 

夫は優しかった・・・。

離婚するほどの理由もなかったかもしれないと。

 

離婚してから夫の偉大さに気がついてももう遅いですよね。

恋愛ならまだ良いですが。

 

後悔しない別れをするためには、ひとつの恋愛を大事に育てていくことが大切なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク