アラフォー女性の結婚相手を見つけるのは簡単ではありません。

恋愛でも結婚相談所でも同じこと。

 

今の時代の結婚適齢期は30代。

男性もその年令、もしくはもう少し上の年齢です。

 

40代の女性が婚活するには同世代の男性の人数が圧倒的に減ってきているんです。

アラフォー女性が求める結婚したい男性の年齢層は少なくなっている現実。

 

そうなると、アラフォー女性はどの年齢の男性を選んだら良いか。

 

同世代の男性を選ぶより、もしかしたら一回り上くらいの年齢の男性を結婚相手として考えることも視野に入れておくと幸せはやってくるかもしれませんよ。

・40代独身女性は婚活サバイバル!希望通りに結婚できる方法とは?

・40代女性の婚活の現実を見よ!

40代の女性は50代60代で経済力も包容力も兼ね備えている優しい男性との結婚もまんざらではありません。

アラフォー女性の婚活が厳しい?!その理由とは?

 

「結婚相手を探すのならば、少しでも早い方がいい」こんな言葉を聞いたことはありませんか?

20歳代中頃から親や周囲から、このような言葉を言われることが多くなってきますね。

 

 

婚活市場にも、このことに関しては同じことがいえます。

婚活市場にいる多くの男性は結婚相手の女性に、自分についてきてくれるような年下の女性を好む傾向にあります。

 

 

アラフォーでスタイルが抜群のキャリア女性よりも、(例えば)25歳で平凡なルックスの一般職に就いているような女性を選ぶのが男性の本音というもの。

 

「それじゃ、同世代のアラフォー男性ならば良いのでは?」そう思ってしまいがちなのですが、この考え方は甘いといえそうです。

 

 

結婚したいアラフォー男性の多くは、20歳代~30歳代前半の女性を結婚の対象となる相手として希望しています。

 

おそらく、将来授かる子供を考えてのことなのでしょう。つまり、同い年くらいの男性を狙おうとしても、男性側は若い年齢層の女性を求めるためにミスマッチを起こしてしまいがちなのです。

 

 

そして婚活は「相手に求める条件を整理して並べてみること」から始まります。年収・職業・学歴・身長・性格・喫煙の有無など自分が求める条件を明確にしてターゲットを絞ることは大切ですが、「これに1つでも当てはまらない男性には魅力を感じなくなってしまう」・・・これが婚活を進めていく中で大きな落とし穴になってしまう可能性があるのです。

 

 

自分が結婚相手に求めるものを相手が、すべて兼ね備えていたからといって自分に合うかどうか分からないのに「ここまで結婚しなかったんだから、妥協したくない!」という思考回路に陥ってしまいがちなのです。

 

アラフォー女性の結婚相手・狙うは50代60代その理由とは?

 

そんなアラフォー女性の狙い目は、50歳~60歳の再婚男性です。「なぜ?」と思う方もおられるかと思いますが、バツがついたとはいっても女性と暮らした経験があるので、女心をそれなりに理解してくれています。

 

彼らは心の根底に「元妻よりも早く幸せになりたい」という気持ちが強いので、交際から結婚までの所要時間も短めです。

 

離婚経験のある男性が、再婚する割合は7割。そのうちの25%が離婚後2年以内に再婚、50%が5年以内に再婚しています。

 

元妻との生活で「トイレの便座を上げっぱなしにしない」、「夕食を食べるかどうかは早めに連絡をする」

と言った気持ちよく暮らしていくためのルールを心得ている可能性が高いので、同居後に予想されるトラブルも少なめです。

 

年齢が若い頃は自分を取り巻く状況に多少変化があったとしても、比較的簡単に順応することができることが多いものです。

 

でも年齢を重ねるに連れて、そうすることが難しくなっていきます。このことは自分だけではなく相手にも同じことが言えますが、「これまでのライフスタイルを変えること」はとても大きなストレスになります。

 

 

その点で1回目の結婚で苦労を経験していて、「次に結婚をする時より一層、家庭を大切にしよう」と考えている男性も婚活の対象内に含めるという選択肢もありなのではないでしょうか?

 

自分の希望を条件検索してみるのも面白いので、無料ですから是非トライしてくださいね!

何か見えてくるものがきっとあるはずですから♡

まずは無料で条件診断!⇒あなたの“結婚力”を診断しませんか?

アラフォー女性が婚活成功のために必要なポイントとは?

子供の頃は「運命の人=白馬に乗った王子様」のようなイメージを想像する人が多かったのではないかと思います。

 

でも成長していく中で自分自身も変わり、大人になって自分の生き方が少しずつ見えてきてます。

 

「今の仕事を、ずっと続けていきたい」と考える場合がありますよね。

 

そうなると、「仕事を続けることに理解を示してくれる人」を求めます。

 

「家庭が第一。家事や子育てに専念したい」と考える女性もいます。

 

その場合は「その生活を支えてくれる仕事が第一の人」を探さなくてはなりません。

 

女性はそれぞれ理想の結婚像があります。

 

その結婚像に少しでも近い人と出会えるのが一番良いのです。

ただ待ってるだけじゃ、相手は現れないので積極的に行動することが大事ですね。

高橋真麻の彼氏はどんな人?楽天オーネットのイベントで明かした理想の結婚

 

夢見る夢子さんだといつまで経っても結婚できない、妥協する必要もある

40代独身女性の恋愛と現実!私はこのままひとり?

40代喪女からの脱出する方法!緊急婚活マニュアルとは

 

アラフォー婚活での重要なポイントとして「相手にあまり高望みをしないこと」です。

「年収500万円以上」と高額な条件にするのではなく、「安定した収入があれば雇用形態が正社員でなく契約社員でもOK」というように妥協する心の広さを持つことも大切です。

 

そして結婚後の家族のプランとして、「子供を持たない」という選択肢を入れることも必要になることも頭の片隅にいれておきましょう。

 

結婚すれば必ず子供に恵まれると約束されているわけではないし、高齢出産となると女性の身体に何らかの悪影響が出てしまうこともあります。

 

「結婚後は必ずしも子供をということに、こだわらないで夫婦仲良く暮らすこと」も選択肢の1つです。

 

妥協と考えるのか、新たに価値観を広げるチャンスと考えるかは自分の気持ち次第だけれど、自分がどうしても譲れない条件が1つ、2つくらいは誰でもあるものですよね?

 

その譲れない条件さえ満たしていれば、他の部分については妥協することができるという合理的な考え方をすることができる人が、婚活の勝者になっています。

 

アラフォー女性が婚活を成功させるには、相手を幸せにする包容力も必要

 

婚活を通して年齢ではもはや、男性が希望するターゲットに入っていないし、自分が希望する条件に合う人はいないとなると、条件を下げるしか方法がないように思えて悲しくなってきてしまいますね。

 

でもそれは、あくまでも「婚活」というフィルターを通して見た時にアラフォー女性は需要が少ないに過ぎないのです。

 

まるで人格を否定されたような、誰からも必要とされていないような、自尊心が傷ついてしまう気持ちになってしまうこともあるでしょう。

 

でも、アラフォー婚活のいばらの道を制した女性たちがいることも事実です。そんな女性たちに共通することや魅力は何かというと「自分の婚活市場での価値を理解していること」、「相手の男性に対して寛容であること」が挙げられると思います。

 

気配り上手や男性の話に関心や興味を持ち続け、質問やあいづちを打つなどの聞き上手な態度の一面が男性のハートを射止める結果につながっているのです。

 

「私は婚活市場に需要がない」と悲観的になったり、婚活が上手くいかない怒りを顔や態度に出してしまうことなく「自分はどんな武器で勝負をするべきか?」、「私自身のどんなところがアプローチポイントになるのか?」をきちんと分析できる冷静さを持ちたいですね。

 

 

婚活の先に見据えるのは結婚です。実際、結婚は日々の生活ですから、お互いの生活を維持していく地に足のついた考え方が必要です。

 

男性も若くて可愛いだけの女性では、生活を共にするのは難しいと考えるでしょう。そんな時に自分の話を親身になって聞いてくれたり、すべてを寛大な心で受け止めてくれるアラフォー女性は結婚のパートナーとして理想的だと感じる男性も間違いなくいるのです。

 

どこに運命の出会いがあるかは分かりませんが、諦めないで自分にできることを続けていくことが大切です。

楽天オーネットの勧誘はしつこいか実際に私が潜入!評判や勧誘の事実を調査しました

楽天オーネットで結婚できる?特徴を調査してみました!