50代60代で恋愛?

熟年になってから婚活するの?

今から結婚したいなんて思う人はいるの?

素朴な疑問が聞こえて来そうです。

今の50代、60代は昔の年代の方と、考え方や見た目も全く違います。

バツイチになり、もう一度恋愛をしてみたい

伴侶を亡くしたけど、やっぱり一人じゃ寂しい。

恋愛よりも婚活をして、確かな物が欲しい。

そんな50,60代の婚活事情とは?

スポンサーリンク

50代60代の恋愛と婚活事情

これからパートナーを作って人生を充実させたいと思っている50代60代の男女は多いのです。

でも?

実際は50代、60代の中高年や熟年世代の婚活も結婚も簡単ではないんです。

何故難しいのか?

もう自分の生活スタイルが出来ているから!

ここが大きいのです。

その他に、子供がいる、財産が!年齢的に病気も心配等など

婚活をして、結婚まで行くのは並大抵のことではありません。

色々と障害があるけど・・・

でもパートナーと作り、出来れば籍も入れて落ち着きたいと思う人もいます。

その中で、うまく結婚までと達するカップルもいます。

結婚までいかない又は結婚した後にうまくいかなかったり。

そうなると?

初婚→バツイチ

死別→再婚→バツイチ。

死別で遺族年金をもらっていた場合再婚と同時に効力が失います。

その上、再婚後バツイチになると?

「あ~、こうなるなら再婚なんてしなくて未亡人のまま遺族年金をもらっておくべきだった!」

そう嘆く女性もいます。

未亡人の再婚率

未亡人になった女性は遺族年金の事などもあるので、再婚は怖くて考えられないと言う女性も多いのは確かです。

60代も半ば過ぎると、未亡人になる女性が増えるそうです。

50代、60代の婚活、結婚の難しさは死別の場合はこのあたりもあるので、非常に難しいのです。

恋愛だけなら良いんじゃない?

そう思って恋愛を楽しんでいる50代未亡人もいます。

50、60代で結婚したい男性の理由は?

スポンサーリンク

一人じゃ寂しい。

一緒に旅行に行ったり、美味しいディナーを食べたり、コンサートに行ったり。

そんなパートナーとの生活を楽しみにしている男性もいますね。

みんながみんな同じ考えを持っている男性ばかりではないのです。

婚活パーティに行ったある女性からの相談の話です。

「家の家事が大変だから、家のことをやってくれる女性を探している」

「自分の年金は生活費に当てるから、女性の方では家賃を出してくれて一緒に住んでくれるような女性を探している」

「老後病気になって一人じゃ怖いから、一緒になってくれる女性を探している」

そんな会話だったそうです。

それが30代40代だったらもっと夢のある生活の話しが出てくるはずですよね。

 

 

50代60代以降の男性になると、

「頼られて行きていきたい」

「楽しい結婚生活を築きたい」

よりも、自分のことで精一杯な男性も多くなるのかもしれません。

「自分の事ばかり考えて、なんなの?」

と、熟年パーティに行った女性は嘆いていました。

50,60代の婚活事情は簡単ではないのは確かです。

その中でも結婚とはどういうものかと言うことがわかっている男性ももちろんいます。

そんな男性との出会があったらラッキーです。

女性も幸せなら、男性も幸せ。

人を幸せにしてあげる人は自分のところにも幸せは来ますから。

50,60代の婚活事情は簡単ではないけど、思いが通じる相手と出会えるますように!

それには、数撃ちゃ当たるというのもまんざら嘘ではありませんよ 😉

スポンサーリンク